2347年

大丈夫

日記0905

日記なのよ。

 

今年の夏は行動的~とか言っていたけど実際はタスクから逃げていたので現在は色々と締め切りに追われている。参加したかったイベント等の予定がもれなく研究室通いに入れ替わる。無念。

 

知り合いたちと旅行に向かう。対人スキルを割り振りそびれたので会話や場のコンテキストの一致、不一致でかなり精神状態が良くなったり悪化したりする。その知り合いとは2~3年は会っていなかったので異文化コミュニケーションが行われて最高の夏から転落してしまう気がしていて恐ろしかった。結果、大して何もなく麻雀のルールを覚える機会に恵まれたのでまぁ良かったのだと思う。ただ帰宅後に”大学生らしい生活”という概念に襲われて布団から起きれなくなったので多分ダメージがあった。今も思い出すたびに変な聲が出る。

 

前学期の成績が開示される。自律神経が優勝してしまったり、電車を怖いと感じるようになってきたので殆ど学校に向かえていなかった気がするが結果は予想以上には悪くなかった。以降もやっていければ卒業できるはず。

 

某理系大学4年の友人が院試に落ちたので浪人するらしい。俺は遠いだの怖いだので大学すらまともに通えないので大学院は厳しい。就活に向かうにせよ社会進出後即闇陥で役満ビジョンしか見えないのでもう少し生き抜くための活路を見出したい。

 

プリンセスプリンシパルにドはまりする。毎話ED曲が流れるたびに目頭が熱くなっていることに気づく。英国での寮暮らし、女王に向けるただならぬ感情。スチームパンク、諜報...役満。我が家ではアニメ視聴するな、という風潮が流れているのでニコニコを使うでしか視聴できないのだが、ゴニョニョしてばれないようにレコーダーに録画して視聴できるようにした。アニメが40インチで観れる感動というのはすさまじくそのために1人暮らしに移行したいという目標が出来つつある。

 

SF映画で学ぶインタフェースデザイン』を読んでいる。SF映画に出てきた近未来技術からインターフェース発明のヒントを得ようというコンセプトなのだが、SF映画のビジュアルインターフェースの発展、それに沿った考え抜かれた、逆に矛盾を感じさせるような演出例が書かれていてかなり読みごたえがある。BLAME!劇場版以降はアニメのビジュアルインターフェースデザインをキャプチャするだけのサイトを作りてという妙なモチベが湧いているが知識はなかったのでかなりためになる。それはそれとしてたまに和訳された横書きの本は読んでいて妙に文字が滑るように感じて読解速度が落ちる。ここらへんで俺の脳の出来の悪さというのを痛感させられる。アカデミアは厳しい。

 

おしまい。