2347年

大丈夫

対尿意忍 -過活動膀胱存在-

 

近況と尿意がバグって大変なことになっている対魔忍の話。BLAME!の話もしている

 

ここ1週間は小さな承認欲求を満たせられた事象2つをひたすら噛みつづけていたが、それ以外なにも良くないのでひたすら無味で苦しい生活、という具合。

 

何で満たせたかというと、BLAME!のエントリーが監督などがコメントしながら上映する会で褒められていたっぽい。FBからのアクセス数が妙に増加しているので調べてみたらBLAME!グラフィックデザイン担当の桑原さんがエントリを共有してくれていたらしい。

あの拙い文章が…という気持ちもあったが文章を読んでくれていたのか…と思うとやはり嬉しい。

 

あと今のアカウントで初めてツイートが伸びる、とか。これで2つ…書いてみたけど人の承認欲求の話は大変読むのがツラい気がするので飛ばすのが正解だと思う。ブラックボックス展で痴漢された話を警察に行かず自身のブログで書いてバズったとき承認欲求どうなるんだろう、とか考えているけどこれは人として良くない兆候を示している気がする。

 

気分が高揚すると、その後は上がった分だけ下がるという癖がついており最近だと下落している時間のほうがずっと長い。エンドピーク的に考えようが、平均を取ろうが断然落ち込んでいる時間が長い。

 

下落が長引く原因も分かっている。一つは時期的なものでもあるが、生まれつきのワーキングメモリが少ないのが更に活きてきて私生活でのミスが目立つようになったこと。そして、そんな状況の中でも降ってくるタスクの量が経験則的にもそろそろマズい、故に更に頭の整理がつかないこと。

 

自分に合わない人との会話、連絡をするのが苦手なので人間関係を希薄にすることで対策していたが、それですら最近は各ノードが膿んできている。大学に通学するのが億劫なので、ひたすら近所で時間を潰すというフリーターみたいな時間の消費をしてしまっている。あまり思考も回らないので生活がデッドロックしつつある。

 

こんな生活をしていたせいか、過活動膀胱炎が再発した気がする。1時間に1回トイレに向かわないといけないほどの尿意に襲われる。この炎は大変厄介で、トイレとか尿意への不安が常につきまとい、トイレに行っても残尿感でスッキリしない、とにかく思考メモリを取られてしまい、集中力が持っていかれるのはツラい。

 

この炎を発症した発端はサークルの追いコンで大変なタスクを背負わされてn徹を余儀なくされて大変ストレス溜まっていたときで、当時はバスの揺れが膀胱に伝わるたびに尿意の危機を感じていたので本当に辛かった。治ったのは映画館でBLAME!上映中に席を立つ迷惑な輩になりたくない…という意思のもとで尿意を耐えるなどやっていたからだ。公共の迷惑にはなりたくないという意識は強いせいかだいぶ持つようになった。初めて劇場で観たときはサナカン襲撃のシーンあたりで尿意が壊滅的な状況だった。東亜重音だったらその低音に膀胱ダムが耐えきれずに集落もろとも決壊して話とは関係なくエンドロールが流れていたと思う。

 

 尿意を意識するあまりに集中力がない。尿意がとにかく面倒なのでバス、電車など公共の交通手段もあまり使いたくないので近所を徘徊するけど地元の同級生DQNに遭遇してコワい思いをする、など負の連鎖が続くばかりである。 いっそ尿意を耐える対魔忍のことを考えるくらいしか対策がない。アイアムアヒーローの主人公くらい思考を脇道に逸らさないとやっていけないのだ。集中しろよ。では。